お知らせ

団や各隊、役員などからのお知らせの一覧です

  • 隊を限定して表示できます
  • 全体
  • ビーバー隊
  • カブ隊
  • ボーイ隊
  • ベンチャー隊
  • リセット
電車でGo! 京都編
2017/8/20

平成29年8月20日に隊活動「電車でGo!」と題して、普通列車で京都へ行ってきました。

今回の計画は、スカウトたちだけで行き先を決めて、行程を計画してきました。
いよいよその計画を実行する日となりましたが、計画通りに列車に乗り継ぎ、京都市内「金閣寺」と「二条城」を見学して金沢へ帰ってくることができました。

スカウト自身が計画を立て、実際に実行して無事に帰って来れたという達成感は、とても貴重な体験となったと思います。
計画を見守ってくださった保護者の皆様、デンリーダーに感謝します。

今回の旅では、同じく京都を訪ねる小松のボーイスカウト(ボーイ隊)の皆さんと車中で一緒になったり、京都駅では自隊のS副長が、外国からの観光客と笑顔で三指の敬礼を交わすという場面もあり、ボーイスカウトの「仲間」と「絆」も感じられた一日でした。

参加された皆様、早朝より夜までの長い一日、大変お疲れ様でした。

カブ隊 副長 中社

仲間と力を合わせて 「カブリンピック2016」
2016/11/6

平成28年11月6日(日)にボーイスカウト金沢地区協議会のカブの集い「カブリンピック2016」がキゴ山ふれあい研修センター緑地広場にて開催され、我々金沢第22団も参加しました。

オリンピック開催年ということで今年のカブの集いは、いろんな競技種目にチーム対抗で競いました。
競技種目については、あらかじめ地区から各団に準備と運営が割り振られており、金沢第22団は「箸豆競争」を担当しました。
スカウトは、日頃より規律正しくなければなりません。食事の作法も正しく身に付けようというねらいで、箸を正しく持ち、大豆と米を器に移し替える競技です。
移し替えた大豆と米の数を点数計算して点数の多いチームから順位づけをしていきますが、小さな米つぶは得点が3倍!!
得点を豆の移す数で狙うか、米つぶで高得点を狙うか、チームごとに作戦を立てて競ってもらいました。
中には箸で一度に2粒を摘まむ上手なスカウトも見られました。
その他の競技は、玉入れや綱引き、ロープを使った仲間の救出競争、カードめくり競争、チーム対抗リレーなどなど、たくさんの種目を楽しみました。

団混成チームでほかの団のスカウトと活動しましたが、初対面であっても同じ仲間としてすぐに打ち解け、一緒に力を合わせて楽しく競技に参加していました。

競技の準備と運営にご協力いただきました保護者の皆様、ありがとうございました。

カブ隊副長 中社

金沢の街を歩こう 「金沢ウォーク」
2016/10/22

平成28年10月21日(金)〜22日(土)に「金沢ウォーク」が開催され、金沢マラソン2016の開催前日である22日の「金沢マラソンミニ体験コース」(17Kmコース)に参加しました。
金沢マラソンと同じスタート地点を起点として、マラソンコースの前半部分とほぼ同じコースを3つのチェックポイントを通って歩きました。
市内繁華街から起伏のある山側環状道路に入り、トンネルを抜けて再び市内中心部に入って、古くからの町並みを通過、そして最後に金沢城址公園を通ってゴールしました。
17Kmという距離なので、うさぎスカウトは完歩できるかと少し気になりましたが、途中の昼食休憩をとった公園では、スカウトのみんなは走り回るくらいゴールまで元気で、ほぼ予定通りの時間で全員完歩することができました。
また今回も、日々の善行としてゴールまでの途中に落ちているゴミも拾いながら歩きました。
普段歩くことのない場所も今回はたくさんあって、金沢の街の新しい発見もできた一日でした。

カブ隊副長 中社

魚釣り
2016/08/21

8月21日(日)に隊活動「魚釣り」をおこないました。
いつもより少し早く朝6時に集合して金沢市大浜釣り公園へ向かい、今回はサビキ釣りに挑戦しました。
到着後、隊長・リーダーより釣り竿の仕掛けの付け方や、竿とリールの扱い方の説明を受け、さっそく釣りを始めました。
今回の釣果は、小アジ17匹と浜ガニが1匹。浜ガニは放してあげました。

釣りを終えて隊長宅に移動して、釣った小アジで唐揚げを調理しました。
カブ隊副長の指導を受けながら、一人ずつ小アジのワタを取り除く処理をして、片栗粉をまぶして油で揚げます。
出来上がった小アジの唐揚げは、とっても美味しそうに出来上がりましたが、さっきまで海で泳いでいた魚を釣り上げて調理してきたその過程を通じて、一匹一匹の命をいただいて食べるという感謝の気持ちを込めて「いただきます」と合掌して食べました。

唐揚げを食べた後は、流しそうめんとスイカをいただき、暑さも吹き飛んでお腹も満腹。
というわけで(?)、食後はスカウトの進歩状況の確認をしました。
学校の夏休みの宿題とあわせて、カブブック・チャレンジ章のほうも、お家でできることをどんどん進めていきましょうね。

今回の活動では、小学3年生の男の子がお父さんと一緒に体験にお越しいただき、スカウトたちと楽しく活動していました。ご参加ありがとうございました。また遊びにきてくださいね。

大変暑い日となりましたが、参加・ご協力いただきました保護者の皆様に、感謝を申し上げます。

カブ隊副長 中社

白山登山に向けて
2016/07/03

7月3日(日)のカブ隊の活動は「白山登山に向けての準備登山」の予定でしたが、未明からの荒天、大雨警報も発令中のため、計画していた小松市の大倉岳の登山を中止し、雨天プログラムとして白山自然保護センター中宮展示館にて白山登山に向けての事前学習をいたしました。
再来週に団行事として白山登山に挑戦するにあたり、白山の歴史、自然について展示館職員の方に解説をしていただきました。
館内にて昼食をとらせていただいた後、登山装備の確認。
今回の準備登山では、白山登山と同じ装備をしてくるようにとスカウトには伝えてあり、みんなで一人ひとりの装備を確認し、不要と思われるものや他に必要と思われるものを確認し合いました。
今回の活動において、白山に生きる貴重な高山植物や野生動物たちをはじめ、神秘的で美しい白山をいろいろと学ぶことができて、今度の白山登山をより楽しむことができるのではないかと思います。
スカウトたちには、白山に咲くお気に入りの花を選んでもらいましたが、やっぱり県の花でもある「クロユリ」が圧倒的でした。
登山で見つけたら、クロユリの花の匂いを体感してみてください。さぁ、どんな香りでしょうね(^-^)
今回は天候が悪くて残念でしたが、白山登山の日は天候に恵まれ、ご来光も見ることができることを願うばかりです。
体力、体調管理を整えておきましょう!!

カブ隊副長 中社

サイクリング
2016/6/12

6月12日(日)に隊活動「サイクリング」を実施しました。

金沢と能登を結ぶ自動車専用道路「のと里山海道」と並行して、海沿いを走ることができるサイクリングロード「能登海浜自転車道」があり、今回は内灘町総合公園から宝達志水町今浜の千里浜なぎさドライブウェイまでの往復約48kmを自転車で走ってきました。
「のと里山海道」を走る自動車に次々と追い抜かれながらも、海辺の爽やかな景色と道路沿いに咲く「浜昼顔」などの海浜植物なども楽しみながら走ることができました。
往路のペースがなかなか上がらず、計画していた折り返し地点よりも手前で引き返しましたが、計画目標の一つとなっていた「自転車で海岸を走る」を、千里浜なぎさドライブウェイで実現することができました。
砂浜を車で走れるのは、日本ではこの「千里浜なぎさドライブウェイ」だけで、自転車も走行可能です。
ここを走ることができたスカウトたちも楽しそうで満足した様子でした。

今回のサイクリングでは、途中にあった交通標識についてもよく見てもらい、立っていた標識とその意味についても確かめ合いました。
また、サイクリングロードとはいえ、車道と交差する場所もあり、その際の左右確認、そして車道の左側走行など、交通ルールも守りながら活動しました。

日頃の街なかでの自転車の運転においても交通ルールを守り、交通事故に遭わないように気を付けて乗ってください。

最後になりましたが、同伴してくださいましたリーダー・保護者の皆様、車での併走をしてくださいましたデンリーダーに感謝を申し上げます。お疲れ様でした。

カブ隊副長 中社

第65回金沢百万石行列奉仕 〜カブ隊編〜
2016/6/4

6月4日(土)に開催された、第65回金沢百万石まつり「百万石行列」の行列奉仕に、カブ隊からは、くま4名が参加し、珠姫御輿入れ行列の役をつとめました。

午前10時に集合して衣装への着替え、午後2時の出発式までの待ち時間、そして金沢駅鼓門から金沢城まで約3.5km、草鞋を履いての入城行列というスケジュールで、とても長い一日でしたが、全員最後まで頑張りました。
今年の百万石行列は、例年よりも多くのお客様が訪れ、皆様からの温かい拍手や声援のおかげで、スカウトたちもこの役をつとめることができたと思います。
また、古くから受け継がれている金沢の伝統行事に参加できたことは、とても良かったです。
スカウトたちには、多くの人の参加によって行われるこの行事のすごさを様々な場面から感じてもらえたと思います。
今後も進んで参加してもらいたいと思いました。

集合時間からの参加スカウトのお世話ならびに、沿道よりサポートをしてくださいましたリーダー・保護者の皆様にも感謝を申し上げます。

カブ隊副長 中社

野外料理に挑戦
2016/5/29

5月29日(日)に隊集会を行ないました。今回は、キゴ山ふれあい交流センター(銀河の里キゴ山)にて野外料理に挑戦。
メニューは、シチューとサラダと巻き巻きパンです。
火起こしは最初苦労していましたが、先にリーダーから教わっていたスカウトが、他のスカウトに教えている姿も見られました。
シチュー作りは食材の量が多すぎたみたいですが、ジャガイモやニンジン・玉ねぎ、ベーコン、コーンの野菜たっぷりの栄養満点なシチューになりました。
巻き巻きパン作りのほうは、生地の発酵にかかる時間が心配でしたが、天気が良かったこともあり、順調に進みました。
パン生地を棒に巻き付けて炭火で炙ると、とても良い香りがしてきました。
どの調理も、ほぼ予定していた時間通りに調理が終了し、みんなで昼食。
普段、あまり野菜を食べないらしいスカウトもモリモリ食べていて、保護者もビックリしていました。
自然いっぱいの野外でみんなで作る料理は、いっそう美味しいものですね。

食事が終わって炊事場の後片付けをしてから、団委員長からのアイスの差し入れがあり、みんなでいただきました!!
アイスをいただいたお礼でしょうか、くまスカウトたちが小学校運動会で発表した「若い力」を団委員長の歌声とともに披露してくれました。
「若い力」は国体の大会歌ですが、金沢市内のほとんどの小学校の運動会では5〜6年生がこの「若い力」でマスゲームを披露しています。
「若い力」を踊るスカウトたちを見ていた大人たちは、自分も小学生の時に踊ったことを懐かしく感じていました。

午後からの活動は、最初に今日の野外料理の反省。とても美味しい料理ができましたが、調理中の行動の事など振り返ってもらいました。次の活動でもこの反省を活かしてほしいです。

次に自然いっぱいの広い野原を活かした活動をカブブック習得科目の中から選んで活動をしました。
様々な自然のものを見つける「フィールド・ビンゴ」や植物・昆虫・様々な色の物を観察する活動、自分の歩幅を知って50mを歩測する活動を行ないました。
「フィールド・ビンゴ」では、目・鼻・耳を使って自然をいっぱい感じることができたと思います。
歩測では、最初に自分の歩幅を測って、歩測で50mの地点に立ってもらいました。実際の50mよりも手前だったり、行き過ぎてしまったりするスカウトたち。測った歩幅は普段の歩幅とは違っていたのでしょうね。
次に50m地点からスタート地点まで戻るときに、自分の普段の歩きかたで何歩で辿り着くかを数えてもらい、もう一度別の地点から50mの歩測。2回目の計測は、ほぼ近い位置になりました。
これで自分の本当の歩幅を把握できたのではないでしょうか。

自然いっぱいの中で楽しく活動できた一日。最後に "来た時よりも美しく" 今日一日活動をした場所のゴミ拾いをして帰りました。

参加されたリーダー・保護者の皆様もお疲れ様でした。
また、スカウトたちの活動に際してのサポートにも感謝を申し上げます。

カブ隊副長 中社

カブ隊・ビーバー隊合同 高尾山ハイキング
2016/5/15

5月15日(日)にカブ隊とビーバー隊が合同で隊集会を行いました。
今回は金沢の奥座敷、湯涌温泉の山奥「高尾山」への登山ハイキングを行いました。
7月に団行事で予定されている「白山登山」を前に、カブ隊は各自の体力と装備の確認を、そしてビーバー隊は白山登山に向けてのトレーニングと、自然の中での活発な活動を目的として実施しました。
登山出発地点は両隊ともに同じですが、ビーバー隊は標高763.1mの高尾山、カブ隊はさらに登って標高841mの奥高尾山へ目指して出発です。
「下山までもうビーバー隊とは会うことがないだろう」
カブ隊隊長はそう言葉を残して、まずはカブ隊が先発。途中に休憩を入れながらも後発のビーバー隊に追いつかれることなく、各隊ともに無事に目的地の山頂に到着して昼食をとり、休憩をしてから下山しました。
登りよりも軽快に下山することができましたが、最終的には予定よりも到着が遅れてしまいました。でも、全員ケガもなく無事に下山できたことが何よりです。
帰りは湯涌温泉の足湯「白鷺の足湯」にて足の疲れを癒やし、そしてカブ隊隊長に試験栽培中のイチゴ畑に連れて行ってもらい、甘くて美味しいイチゴをご馳走になりました。
今回の活動で、各自の体力と装備品の確認ができ、白山登山に向けてのこれからの準備の参考になったことと思います。
体力を作って体調を整え、今回の登山を通じて必要なものを再確認して白山登山に挑みましょう!!

カブ隊副長 中社

平成28年度カブ隊活動スタート!!
2016/4/17

新年度に入って第1回目のカブスカウト隊集会です。
今年度はビーバー隊から2名の上進があり、うさぎ2名、しか2名、くま4名、計8名でスタートしました。
今回は記録係、組旗係、安全係を決めた後、スカウトからの意見を基に作成した年間活動予定について隊長よりお話があり、さっそく5月〜6月の活動についてみんなで話し合いをしました。
5月〜6月はハイキング、デイキャンプ、サイクリングなどといった屋外活動が中心となり、7月には団行事で白山登山も予定しています。
しっかり計画を立てて準備を整え、安全に楽しく、充実した活動ができるよう、指導者・リーダーもサポートしていきます。

また、今年度のカブ隊では、隊活動の時に歌うスカウトソングを月ごとに決めて、みんなで歌うことにしました。月ごとに担当のスカウトが歌を決めて、みんなに教えるという役目も与えていきます。
スカウトたちは、カブスカウト歌集を手にしながら、どの歌にしようかと選んでいました。
いろんなスカウトソングを知り、みんなと歌う楽しさを感じる。
そして、活動に合ったスカウトソングを歌うことで、その日の活動が印象深いものとなるようにしていきたいと思います。

今年度も仲間と協力し、助け合って楽しく元気に活動をしましょう!
保護者の皆様、本年度もどうぞよろしくお願いいたします。

カブ隊副長 中社


ボーイスカウト金沢第22団の隊長日記
財団法人ボーイスカウト日本連盟ホームページ
ボーイスカウト日本連盟のホームページ
ボーイスカウト石川県連盟ホームページ
ウェーブモーション
ホームページ製作管理